一般社団法人 日本サミー協会 JSAMeA

一般社団法人 日本サミー協会
Japan SAMe Association

お問い合わせ
TOP > 協会について

協会について

協会 代表理事 挨拶

いま、私たちの平均寿命は80歳を超え、日本はまさに世界一の長寿国となりました。
その背景には医療技術の発達や、その医療を均一に提供する制度、さらに介護をはじめとする高齢者ケアの
充実があることは間違いないでしょう。

ですが私たちが望むのは、単なる「長生き」ではありません。

自分の目でものを見て自分の口で食べ、自分の足で自由に歩く。
そんな自由で幸福で活動的で、充実した日々であってこそ、長寿を楽しむことができるはずです。

年齢とともに体が衰えていくことは、避けることができません。ですが老化のスピードを遅らせることは
できますし、衰えた機能を回復することもできます。
100歳を超えてなお、自分の足で颯爽と元気に歩く……それは決して不可能ではありません。
そしてそれを実現するために必要なのは、可能性を信じることです。
諦めてしまったら、そこから先に進むことはできません。

当サイトで紹介したサミーは、日本ではまだほとんど知られていない成分です。
ですがサミーは医師や研究者といった専門家から大いに注目され、期待を集めています。
実際にアメリカにおいては、非常に多くの方々がサミーを活用し、その恩恵をぞんぶんに
受け取っているのです。

多くの人々を悩ませる関節の痛みを避け、ひいては車椅子や人工関節に頼る生活を防ぐため に──。
これからの毎日にサミーを役立て、充実した日々をお送りいただきたいと切に願います。

会長プロフィール

医療法人社団 弘学会
三井弘整形外科・リウマチクリニック院長
医学博士 三井 弘(みつい・ひろし)

1969年に東京大学医学部を卒業後、オックスフォード大学やハーバード大学へ留学。
そして、東京大学非常勤講師、三井記念病院整形外科医長を経て、
現在、三井弘整形外科・リウマチクリニック院長を務める。
変形性膝関節症や慢性関節リウマチ、強直性脊髄変形性関節炎などを多く手掛け、
「ひざが元気になる本」や「ひざ・腰・肩の痛みの最新治療」の他、
健康関連著書は13冊に及ぶ。

協会概要

名称
一般社団法人 日本サミー協会 ※略称:JSAMeA
英文名:Japan SAMe Association
協会理念
当協会は、S-アデノシルメチオニン<S‐adenosylmethionine、SAM、SAM-e>(以後サミーとする)は、 日本国民の健康寿命延伸に寄与する
成分と確信しております。
健康寿命延伸のため、日本におけるサミーの認知度アップを図り、
普及を推し進めることを目的に設立いたしました。
またサミーに関する研究、開発を積極的に支援していきたいと
考えております。
設立
2015年11月30日
役員構成
代表理事 三井 弘
理事   三井 幸雄
監事   堀江 浩
事務所
〒164-0001
東京都中野区中野3-3-5
TEL 03-3384-5707
FAX 03-3383-0181